かゆみがある犬の皮膚病に気をつけて~ドッグゲンキ~

犬

多様化するペットセレモニー

飼い主の価値観が第一

葬儀

人間同様ペットも大切な家族ですので、ペットセレモニーを行う家庭が増えています。 全国的にペットセレモニーの会社が多数あり、様式は様々です。 人間の場合は宗教毎に様式が大きく異なるのですが、ペットの場合は飼い主の気持ちや考え方が決め手となるため、無宗教の場合が多いのです。 そのため、棺や祭壇の形から、お線香やりん、読経の有無、火葬後の安置方法まで、好きに決めることができます。 現在ペットセレモニーといえば日本人の葬儀様式を真似たものが多いですが、今後は、海外の宗教や方式を日本で行いたい、または、特定の葬儀場所ではなく、好きな場所でペットセレモニーを行いたいという飼い主も出てくるのではないでしょうか。 ペットが長寿になるにつれ飼い主のペットへの愛着度合いも深くなり、ペットセレモニー需要はこれからも伸びることでしょう。 オリジナルの様式で新しいペットセレモニー文化が出来上がっていくのです。

危険な業者に注意

最近ペットの遺体を山林に捨てるという、悪質なペットセレモニー業者が報道されました。 大多数のペットセレモニー業者は信用の出来るものですが、一部にこういった悪質な業者がいることは、報道で明らかになったことから注意が必要です。 また、ペットセレモニーは金銭が絡みますので、ある悪質な業者の場合、火葬後に多額の追加料金を請求し、払わないと遺骨を返さないなどと言いがかりをつけてくる、といった形でトラブルになっています。 トラブルになると、ペットとのせっかくの思い出にキズが付いてしまいますし、今後のためにもよくありません。 きちんと情報収集をし、飼い主の目で見極めが必要です。 それでも万が一トラブルに巻き込まれた場合は公的機関などへすぐに相談することが大切です。