かゆみがある犬の皮膚病に気をつけて~ドッグゲンキ~

犬

ペットが亡くなったら

葬儀

ペットの霊園は数多くあります。それぞれの事情に合った業者を選ぶことが大切です。個別に埋葬してもらうのか合同で埋葬してもらうのかでかかる経費もかわっってきます。また、転居の可能性があるのであればその後の対応も考えての埋葬が望まれます。

Read More

多様化するペットセレモニー

葬儀

長寿になったペットへの愛着は、これまでよりいっそう深いものになり、飼い主の気持ちがペットセレモニーの新しい形を作って行くと言っても過言ではありません。飼い主のニーズが広がると業者も多様化していくが、悪質な業者も出てきているため、依頼する際は注意が必要です。

Read More

早期発見をしてあげる

動物病院

犬を飼っているなら、犬がなる皮膚病について知っておいた方が良いです。犬の皮膚病は100種類以上と非常に多いです。命に関わる病気ではないですが、放置しておくと悪化するので、注意が必要です。

Read More

ノミのアレルギーが多い

実は犬の皮膚病はサプリメントなどで予防することができる場合が多いです。免疫力を高めることが可能になりますよ。

犬

犬を飼っているなら、犬がかかる病気について知識を持っておくべきです。犬も人間と同じように病気になります。そのことに気づいてあげないと、病気は進行して、状態が悪化していきます。毎日元気に一緒に暮らしていくためにも、犬の病気について知っておきましょう。様々な病気がありますが、特に多いのは皮膚病です。皮膚は、臓器の鏡と呼ばれるほど、動物の医療では重要な部分です。犬の皮膚病の種類は非常に多いですが、その皮膚病に多くに共通している症状がかゆみです。皮膚病になると、強烈なかゆみがあります。かゆがる動作として、咬む、吸う、引っ掻くなどがあります。かゆみは、軽い症状と思われがちですが、強いかゆみが続くと、犬はストレスが溜まり、精神状態がおかしくなります。そのため、むやみに人間に噛み付くこともあるのです。皮膚病だからといって、軽く見ないで、素早く治療した方が良いです。

皮膚病の原因は、種類によっても違いますが、特に多いのはノミアレルギーです。ノミに咬まれることで、ノミの唾液に含まれている物質にアレルギー反応を起こすのです。ただ、どの犬もノミアレルギーというわけではなく、多くのノミに寄生しても、痒くないという犬もいます。このノミアレルギーに効果的な薬品も開発されていて、ノミの遺伝子を操作して成虫するまでの発育を止めることができるスプレーなどがあります。ノミアレルギーが心配なら、そのような薬品を使用すると良いでしょう。

大切なペットを亡くした時は深い悲しみに襲われますよね。大事な家族の一員だからこそペット葬儀で送り出しましょう。